明里 宏文(あかり ひろふみ) Hirofumi AKARI, D.V.M. & Ph.D.

 

略 歴

1987年  鹿児島大学農学部獣医学科 卒業

1989年  鹿児島大学大学院農学研究科獣医学専攻 修了(農学修士)

1989年  京都大学ウイルス研究所 研究生(〜1990年3月)

1994年  山口大学大学院連合獣医学研究科 修了(獣医学博士)

1994年  エイズ予防財団リサーチレジデント(国立感染症研究所・協力研究員)

1995年  科学技術庁(新技術事業団)特別研究員(国立感染症研究所・協力研究員)

1997年  徳島大学医学部ウイルス学教室・助手

1999年  National Institute of Allergy and Infectious Diseases (USA); Research Fellow

2002年  国立感染症研究所 筑波医学実験用霊長類センター・主任研究官

2005年  医薬基盤研究所 霊長類医科学研究センター・疾患制御研究室長

2009年 - 現在  京都大学霊長類研究所 教授

2014年 - 現在  京都大学ウイルス研究所 教授(兼任)

 

Hirofumi Akari is a professor, Center for Human Evolution Modeling Research, Primate Research Institute, Kyoto University since 2009, and also is a concurrent professor,  Laboratory of Infectious Disease Model, Institute for Frontier Life and Medical Science, Kyoto University since 2014. He has focused on the cellular and molecular biology of accessory genes of HIV since he joined Department of Virology, The University of Tokushima School of Medicine, Japan (Dr. Akio Adachi’s Lab) in 1997 as a research associate and also Viral Biochemistry Section, Laboratory of Molecular Microbiology, NIAID, NIH, USA (Dr. Klaus Strebel’s Lab) in 1999 as a research fellow. He has also been investigating non-human primate models on intractable infectious diseases including AIDS and hepatitis C since 2002, which was initiated as the Chief of Laboratory of Disease Control at the Tsukuba Primate Research Center, National Institute of Infectious Diseases (presently, National Institute of Biomedical Innovation), Japan.

研究論文リスト Publication list
1990-1999
2000-2009
2010-