メンバー紹介(詳細は名前または写真をクリックしてください。)

Hirofumi AKARI Professor
akari.hirofumi.5z@kyoto-u.ac.jp

学院時代にヒトやサルのエイズウイルス研究に携わって以来、 ウイルスの巧妙さ、精緻さに魅せられて今に至っています。当研究室では霊長類研究所という地の利を生かしたユニークな、私たちにしか出来ないようなウイルス研究を推進し社会への還元、貢献を目指したいと思います。また、こうした研究分野の将来を担う若手研究者の育成も重要なテーマです。



平成26年10月より、エイズ予防財団のリサーチ・レジデントとして着任しました。これまでは神経変性疾患の機構解明を目指して、神経病原性マウス白血病ウイルスを用いた研究に従事して来ましたので、HIV研究ははじめてとなりますが、これまでの経験とここで得られる新たな知識・技術を活かしてHIV感染症の根治に少しでも貢献できるよう精力的に研究を行っていきたいと考えています。



2016年8月より研究員として明里研に仲間入りしました。

人に感染するウイルスの研究は初めてですが、明里先生の元で、日々精進して研究に取り組んでいきたいと思います。



Guest Scholar

EJIKEUGWU, EBIYE PETER CHIKA (Ph.D.)

 

Dr. Ejikeugwu, Ebiye Peter Chika is a Lecturer in the Department of Applied Microbiology, Faculty of Sciences, Ebonyi State University, Abakaliki, Nigeria. He is currently a postdoctoral Research Fellow at our institute (Laboratory of Infectious Disease Model, Institute for Frontier Life and Medical Sciences) here in Kyoto University, Japan. Dr. Ejikeugwu is a recipient of the 2018 Matsumae International Foundation (MIF) Postdoctoral Fellowship Award. Professor AKARI Hirofumi (D.V.M; Ph.D.) is his host adviser; and they are both researching into the molecular and immunological mechanisms underlying HIV reservoir cells/tissues using macaque tropic monkeys (infected with HIV-1) as their animal model (HIV-1mt infected monkeys), with a view to better understand how latent HIV can be purged from their sanctuaries in the body of infected human hosts. The outcome of the research will give the medical community a clue on how to re-engineer current and novel antiretroviral therapy to purge HIV reservoir sites of the latent virus, and thus help to achieve a functional cure for the disease.




年ほどウイルス研を離れましたが、平成27年6月より、またこちらで実験に携わることになりました。これまでの経験を生かして、ここでの研究に取り組んでいきたいと思っております。

 

 

 




辻 薫 技術補佐員

Kaoru TSUJI  Assistant Technical Staff

平成2711月から、明里研究室でお手伝いさせて頂くことになりました。長年の主婦生活から新たにサイエンスに挑戦していきたいと思っています。

 




New chapter of my life starting Here.

 

I am WeiKeat TAN from Malaysia and have completed B.Sc. Biotechnology from Malaysia UCSI University.

 

Currently, I am working in Prof. Akari's Lab with affable Akari-sensei and other colleagues and gonna enroll in Graduate School of Science, Kyoto University.

 

一生懸命頑張ります

 



多胡 徹也  学部生

Tetsuya TAGO Undergraduate

 

20175月より週1回の短い時間ではありますが、研究室で学ばせていただいております。

 

学部の授業と共に、研究のことや実験の基礎を学んでいきたいと思います。

 




Andita Putri Almira Wardani  短期留学生

Andita Putri Almira Wardani   short-term exchange student

Hello! I'm Nadita Purti Almira from indonesia,currently enrolled as a 3rd year student at Indonesia International  Institute for life sciences (i3L).

I hope to learn more about virus research,especially in HIV since I learn virology for the past semester, and HIV interest me the most.