メンバー紹介(詳細は名前をクリックしてご覧ください。)

明里 宏文 教授
Hirofumi AKARI  Professor
akari.hirofumi.5z(a)kyoto-u.ac.jp

学院時代にヒトやサルのエイズウイルス研究に携わって以来、ウイルスの巧妙さ、精緻さに魅せられて今に至っています。当研究室では霊長類研究所という地の利を生かしたユニークな、私たちにしか出来ないようなウイルス研究を推進し社会への還元、貢献を目指したいと思います。また、こうした研究分野の将来を担う若手研究者の育成も重要なテーマです。


平成26年10月より、エイズ予防財団のリサーチ・レジデントとして着任しました。これまでは神経変性疾患の機構解明を目指して、神経病原性マウス白血病ウイルスを用いた研究に従事して来ましたので、HIV研究ははじめてとなりますが、これまでの経験とここで得られる新たな知識・技術を活かしてHIV感染症の根治に少しでも貢献できるよう精力的に研究を行っていきたいと考えています。

 

 

 

 


2016年、8月より研究員として明里研に仲間入りしました。
人に感染するウイルスの研究は初めてですが、明里先生の元で、日々精進して研究に取り組んでいきたいと思います。